dogs

factory zoomer/galleryで始まる dogs展に参加します。

私は犬の絵を描きました。

ぜひ冬の金沢に遊びにいらしてください。

 

23rd exhibition dogs

2017.12.15fri.-2018.1.14sun.
11:00 →18:00

factory zoomer/gallery

http://www.factory-zoomer.com/gallery_exhibition.html

 

 

犬が教えてくれたこと

自分の犬と暮らし始めたのは30代半ばだった。それはペットショップで売るには、ちょっと、大きくなってしまった、自閉症のゴールデンレトリバーだった。正確には、母犬や兄弟と早く離されて、そうなってしまったのだ。いまでこそ、日本でペットショップは減ってきたと思うが、まだまだ、ペット後進国であることは間違いない。アメリカやヨーロッパでは、ブリーダーから犬を購入するのだが、飼う側の面接があり、一人暮らしや収入により、売ってもらえない話はよく耳にする。話は戻るが、その自閉症犬に私はアルテという名前を付けた。イタリア語でアートという意味だ。最初、アルテには、感情がなかった。遊びを知らなかった。躾もされてないので、おしっこを部屋中にしまくった。躾教室にも一緒に通ったが、一番の運動音痴で、投げたボールを口でキャッチせず、前足で受け止めようとする有様。他の犬に会うと、すぐ戦いを挑みに行ったりと、初めて飼う犬にしては、手強すぎると、友人たちに言われ、たしかに、自分も疲れ果てていた。そんなある日、仕事から帰ると、アルテがこっそり私のベッドで丸く寝ていた。「ここで寝てはダメだよ」。と教えた場所だったのだが、あまりに飼い主の帰りが遅く痺れをきらしたのか、帰ってきた私の顔を「ごめんなさい」と言うようにペロリと舐めた。初めてだった。私にも守るものが出来たんだと思わずワシワシしてしまった。 アルテが亡くなったのは、1月2日。癌だった。忙しい夫が休みの間に亡くなって、お葬式まであげれるという、あいつなりの計らいだ。私ときたら、「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返すばかりだった。育てていたつもりが、人間として必要なことを数え切れないくらい学んだ。そして、最後は身をもって「死」を教えてくれた。生きていると、手放していかなくてはいけないことがたくさんある、それが愛して愛してやまぬ物や事や人や犬でも。

辻 和美

● 来年の戌年に因んで、普段から交流のある作家に、思い思いの犬を作ってもらいました。12月 15日(金)は、トラネコボンボンさんのワンコインドリンクをご用意してお待ちしています。


 

作家と経歴

石原稔久(陶芸家)
1973年福岡県直方市生まれ。1996年武蔵野美術大学彫刻科卒業。1998年茨城県笠間窯業指導所終了。 2000年福岡県宮若市にて薪窯築窯。2011年自作の文・人形の絵本冊子を制作。2014年森本千絵ウエディングディスプレイ制作。 ほぼ日刊イトイ新聞カレンダー2015デザイン。現在は展覧会を中心に活動中。

伊能一三(漆芸家)
1970年生まれ、東京藝術大学卒業。東京藝術大学大学院修了。金沢卯辰山工芸工房にて研修。現在、金沢市在住。 漆という伝統素材を用い「かべのとも」「へいわののりもの」と題した彫刻作品を制作。 乾漆でつくられた「へいわののりもの」は、愛らしい表情でありながら、その立ち姿は凛々しく仏像のようである。

内田鋼一(陶芸家)
1969年生まれ。愛知県立瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科修了後、 東南アジアや欧米、アフリカ、南米など世界各国の窯場に住み込み修行を重ねた後、1992年に三重県四日市市に窯場を構え独立。 国内外で精力的に発表。2015年三重県四日市市に、明治〜昭和時代の萬古焼を集めた「BANKO archive design museum」を開館。

加倉井秀昭(ガラス作家)
1970年東京生まれ。1996—1998年東京ガラス工芸研究所卒業。2000年〜現在、ガラス制作請け負い業ギャファーとして活動開始。 2007年〜現在、女子美術大学非常勤講師。2015年〜長野県富士見町にScratch&noise設立。

金森美也子(ぬいぐるみ作家)
古着や服地のハギレ、靴下や手袋を素材にしたどこかユーモラスな大人向けのぬいぐるみを制作する。

キムホノ(陶芸家)
1958年愛知県瀬戸市生まれ。27歳の時に初めての個展。2013年 factory zoomer にて展覧会。

トラネコボンボン(料理人)
1974年生まれ。2007年よりトラネコボンボンを主宰。旅するレストランと称して店舗を持たず、 イベントレストランとして穀物や野菜を中心に季節や場所、テーマに合わせ様々な国の料理を提案する。

橋本靖代(デザイナー)
1964年東京生まれ。文化服装学院デザイン専攻ニット科卒業。 糸商、アパレル会社にてデザイナーとして従事。2007年にn、2008年にn100を大井幸衣氏と立ち上げる。 個人活動として「ys」手編みのニットプロダクトを2007年にスタートさせ、編み続けている。

三谷龍二(木工作家)
1952年福井市生まれ。1981年松本市に工房PERSONA STUDIOを設立。それまで家具中心だった木工に、 普段使いの器としての新たな分野を開く。 同時に、積み木や薬缶など生活風景をモチーフにした親密性の高い絵画や立体作品も制作する。

(敬称略・五十音順)

 

 

            
くるみの木 30+4

くるみの木が30周年を迎えてから、30年を超えたら毎年お祝いしましょうと始めた料理会

4回目になる2018年の料理会は年明け早々、1月に決まりました。

冬野菜のおいしくなる寒い時季に、くるみの木30+4の料理会を開きます。

今回のドレスコードは赤と白。

真っ赤なワンピースや真っ白なセーターでも嬉しいですし、黒いズボンや黒いジャケットに赤いハンカチーフでもかまいません。

トラネコボンボンは白のニット帽と赤いエプロンで行こうかなと思ってます。

皆様とお会いできますこと、とてもとても楽しみにお待ちしております。

 

今回は2冊の新刊「トラネコボンボンの空想居酒屋」「猫ごよみ365日」

記憶のモンプチ2017.3.11〜6.11の3ヶ月を収録した図録

ハンカチーフ「猫と野原と気球とおやつ」の販売もあります。

お楽しみに。

 

満席になりました。ありがとうございました。

「トラネコボンボン料理会 30+4」

場所 くるみの木 一条店

日時 1月13日(土) 18時より

金額 6500円税別 1ドリンク代込

   ビュッフェ形式 予約制

受付 12月13日土曜 18時スタート

申込 くるみの木一条店まで

電話 0742-20-1480

 

            
猫ごよみ365日

正月、節分、入学式、海水浴と夏休み、蝉、芋、リンゴ、栗拾い、演歌、冬至、こたつになまはげ。

暦(こよみ)と季節に沿って一日一枚、猫の絵を366枚(閏年の2/29も入れて)描きました。

この冬に1冊の本になります。

 

毎日の絵には、おおいしれいこさんによる行事や記念日、季節の言葉など、素敵な豆知識が添えられています。
だいぶん猫だらけでで役に立たないかのように見える本ですが、ちょっとだけ役に立つ分厚い本になります。

巻末には12ヶ月のおやつレシピのおまけも書きました。

デザインは白い立体の吉田昌平さん。

今日最終色校にお伺いしたら「罫線手書きしたんです。6パターンあります。」とのこと!!!!

見分けつかない!と思ったのですがよく見たら違うのです。

そんなところやレシピ用の黒猫マーク12匹も全部違うのも見てくださいね!

 

「猫ごよみ365日」

誠文堂新光社より/2400円+税

amazonでの予約も始まりました。

 

そして本書の出版を記念して吉祥寺 Gallery fèveさんにて

「猫ごよみ365日 原画展」いたします。

 

366日の原画を全て展示販売いたします。

相変わらず、ものすごい下手な猫の絵なのですが

不思議なことに全部並べると、とっても可愛いらしい愛すべきアホ猫コレクション。

猫嫌いな人も猫好きな人も、猫が普通の人も見ていただけたら嬉しいです。


本書と原画の他に、sunui×TORANEKOBONBONのハンカチやニャーホルダーも販売します。

この秋に出たレシピ本「トラネコボンボンの空想居酒屋」

台湾で出版した「記憶のモンプチ」の3ヶ月間の図録なども用意します。

 

年の瀬のほんとうにぎりぎりで、皆様が忙しい頃なのですが

きっと少しだけ楽しい気持ちになっていただけると思いますので

ぜひ遊びにいらしてください。

 

「猫ごよみ 365日」原画展

2017.12.23(土) -- 30(土)

12:00 -- 19:00 (最終日17:30まで)

休館 27日(水)

Gallery fève

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2 2F

0422-23-2592

↑は10/10マグロの日、↓は12/4落ち葉焚きの日。

書店で見かけましたらぜひご覧になってくださいね〜!

 

            
おるがん社20周年

にしおゆきさんによる おるがん社20周年企画展「12月の美術館」が京都、小さい部屋さんで開かれます。

にしおゆきさんがおるがん社として人形を作りはじめて20年。

彼女の中には美しいお話、不思議な話がたくさん詰まっていて、それをゆっくりと形にしていったものが陶製でできた人形です。

小さな人形の中には、彼女の中に広がる世界がつまっています。

12月の美術館、ぜひ足を運ばれてください。

 

トラネコボンボンは美術館のミュージアムショップで販売されるニャーホルダーのイラストを担当しました。

制作はsunuiさん。おるがん社の社員、モウフ君(毛足の長い美しい猫)を描きました。

ミュージアムショップでは20周年を記念していろんなおるがん社グッズが並ぶようです。

12月はぜひ京都、小さい部屋さんにお出かけください。

12月の美術館

2017.12.2(土) -- 12.24(日)

11:30 -- 18:30 (展覧会初日は正午からです。)

定休日 木.金

作家在廊日 12/2.3.4.9.10

 

小さい部屋
京都市左京区北白川堂ノ前町39-6 太陽ビル2F

075-702-7918

 

にしおゆき作品は1週目12/2〜6は展示のみになります。

作品販売など詳細はホームページをご確認ください。

小さい部屋 http://www.chiisaiheya.net

おるがん社 http://www.organsha.com

            
記憶のモンプチ 台北展

記憶のモンプチ 台北展無事終了いたしました。

遠路、日本から来てくださいましたお客様にはお礼の言葉もありません。

料理会にもご参加くださったお客様もいらっしゃいました。

とっても嬉しかったです。

心よりお礼申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

 

料理会も三回すべて満席いただきました。

市場で毎日食材探し、何往復も芋を運び、ライムを運び、食べたことのない食材を買ってみたり、毎日が冒険のようでした。

言葉の通じない知らない土地でも、なんとか自力で買い物でき、広い台所で好きなように使わせていただいて、お客様に楽しく食べていただけるのは、贅沢で幸福で楽しい日々でした。

beher食物研究図書館関係者の皆さまには心より御礼申し上げます。

 

会場の「beher生活厨房」さんは今年2017年秋に「beher食物研究図書館」となりました。

 

オーナーの碧鶴(beher)さんはとても勉強家です。

ここ数年の、彼女の研究テーマのひとつである発酵食品を味見させていただくと、どれも本当においしい!

豆腐乳、天然発酵のジンジャーエール、ブドウジュース、ほかにもいろいろ、

麹や酵母、乳酸菌、いろんな方法を研究されていますが、難しいことは置いといて

その美味しいことに単純に感動します。

 

彼女は現在の台湾には食育に携わる人が少なすぎることをいつも憂いていました。

彼女の長年の料理教室と料理の研究の経験から、自身のお店を料理や食品、食べることの勉強や考える場所、人を育てていく場所にしたいという思いで、現在の「beher食物研究図書館」に改装されました。

 

食物をテーマに集めた本は5000冊以上

図書館の利用は会員制で有料ですが、1日チケット350元もあります。

 

beher食物研究図書館

台北市松山區富錦街354號

Email:thebeher@gmail.com

そしてトラネコボンボンは来年もbeher食物研究図書館で展覧会をすることになりました。

次やりたいことはもう決まっているのです。お楽しみに。

来年も11月頃を予定しています。

また来年も皆様とお会いできましたら嬉しいです。

            
僕たちの住む世界

手ぬぐいが仕上がりました。

 

注染という、注いで染める技法です。

絵型を抜いて、染めたくないところには一枚ずつ糊置きという作業をしてから、30〜40枚きっちり丁寧にたたんで重ねて、じょうろで染料を注いで染めていいきます。

私の絵を型に起こせるように描き直す職人さん、型を彫る職人さん、糊置きする職人さん、注染する職人さん、洗い張りする職人さん、それぞれの作業工程に職人さんがいて、一枚の手ぬぐいが出来上がります。

 

そうやって出来上がったてぬぐいは「僕たちの住む世界」という名前にしました。

猫の僕が住む世界には、いろんな動物が暮らしています。

 

「猫の僕が住む家は

 林檎の木がある山の中腹にある。

 山ネズミや穴狐、

 岩山イタチと一緒に暮らしている。

 大きな湖「火山池」には

 犬くらい大きくなる川カマス、

 カバやビーバーも住んでいる。

 湖底には首長竜もいるらしい。

 対岸には鹿の群れ、啄木鳥の家。

 海にはクジラや桃色クラゲがいて

 ペリカンが飛んでいる。

 僕たちはそんな世界に住んでいる。」

 

にじゆらさんのonline shopから購入できます。

みなさんの生活のお供に使っていただけたら嬉しいです。

            
記憶のモンプチ 台北展

「記憶のモンプチ」台湾展のお知らせです。

 

会場は昨年トラネコボンボンの展示会「猫の住む国」でお世話になったbeher生活厨房さん。

台北市は松山区にあるすてきなお店です。

 

昨年は日本からも、たくさんのお客様が旅にいらしてくださってとても楽しかったです。

企画展をした昨年11月は台北も暑さがおちついて過ごしやすい気候でしたので今年も11月にしました。

会場は松山国際空港から歩いてもいけるような近い場所です。

 

「記憶のモンプチ」原画巡回展は台北展の後、しばらくお休みをします。

今回、台北展では2017年11月迄の全ての原画展示の他、

2017年の3月11日〜6月11日の3ヶ月分の小さな図録を制作します。

日本語と中国語との対訳です。

 

今年も旅するみなさまとお会いできたらうれしいです。

台湾は訪ねる度に楽しくなる街です。

活気にあふれた市場や屋台、不思議な食べ物、古い建物や町並みがあるかと思えば、日本よりずっと進んだ国際都市であるところや、昔と変わらない人々の暮らしの様子などを見ているだけで1日楽しく過ごせます。

 

台北旅行、ぜひぜひご検討ください。

 

2017年11月3日 -- 2016年11月19日11:00 -- 19:00

月曜定休

beher生活厨房

台北市松山區富錦街354號1樓 
Email:thebeher@gmail.com
Tel :02-27652646

beher生活厨房:ホームページ

Facebook:https://www.facebook.com/beherkitchen

            
記憶のモンプチ台北情報

昨年は初めての外国旅行とのお客様が多く、いろんな不便や疑問があったようですので、

知ってたら便利なことなどを。

 

【アクセス】

記憶のモンプチの会場「beher生活厨房」さんは台北市内の松山区に位置します。

会場の最寄駅は、MRT(台湾の電車)松山空港駅。そこから徒歩10分です。

MRTの料金は20〜50TWDです。

MRT最寄駅はほかにもありますが、どの駅からも10〜15分、少し歩きますので、タクシーを利用するのもよいです。

タクシーは初乗り70TWD、日本円で約230円程度ですから5kmくらいで600円くらいの料金です。

タクシーの運転手さんに携帯のマップ画面で指定するか、住所をメモに書いて見せると連れて行ってくれます。

 

バス停から会場までは徒歩4分〜6分

バスの路線によってバス停が異なります。

市内バスは一回15TWD。

バスの支払い方法は、運転手席の上の方、もしくは乗り口付近に電光掲示版があり「上」のランプが付いていたら乗るときに「下」だと降りるときに支払います。

路線が多いのでバス停で自分の行きたい路線を探すのは少し難しいです。

行きたい場所までの距離やバスの番号を調べるにはGooglemapをインストールしておくと便利です。

 

MRTやバス、TRA(台湾の列車)、たまにタクシー、コンビニエンスストアの買い物に使える、ヨーヨーカード(Suicaみたいな)を持っておくと便利です。MRTの料金も2割安くなります。

カードのデポジットが100TWD(340円くらい) でチャージして使います。

カードの購入、チャージは各駅のほかコンビニエンスストアで。


【携帯電話】

台湾での携帯電話、スマートフォンの使用方法ですが、海外使用の契約をしない場合、

WiFiルーターをレンタルするかシムフリー契約をしないと使用金額が高額になります。

どの契約をする場合でも日本を出国する飛行機の中で機内モードに変更しておきます。

 

機内モードにするとWiFiのない場所ではほとんど使えない携帯ですが

ホテルや大きなカフェやレストランなど、WiFiがある環境ではメールやインターネット、LINEが使えるので2、3日の滞在ならさほど不便を感じないと思います。

桃園空港も松山空港もフリーWiFiが簡単に使えるので、WiFiが使える場所で行きたい場所までの道のりなどは前もっていろいろ調べておきます。

 

そのほか、台北市が運営するフリーWiFiに登録しておくと行政ビルや私立図書館、私立連合病院、地下鉄の各駅、デパートや公園などでWiFiが使えます。

使える場所が限られていますのでそれほど便利ではありませんが、もしもの時に登録しておくと安心です。

駅の改札の外には何箇所か携帯とパソコン用のコンセントが設置されていますので、充電もできます。

ご自身でもネットで登録ができますが、空港か台北駅などにあるインフォメーションカウンターで係員さんが簡単に登録してくれます。WiFiを利用するには登録IDとパスワードの入力が必要になります。インフォメーションカウンターで登録したら、その場で確認のため一度WiFiにつなげておくと確実です。

 

SMSの受信は無料ですが送信は高額になりますので、メールかLINEで連絡をしています。

LINE同士だと、電話連絡も無料ですので便利です。

 

台北でお会いできると嬉しいです!

            
トラネコボンボンの空想居酒屋

新しい本が出ます。

トラネコボンボンの空想居酒屋

 

お酒が飲みたくなった時にちょちょっと作れる酒の肴がテーマです。

 

ガード下のスタンド、近所のスナック、山の辺りの小料理屋、どこかの国の街角もしくは港にある店などなど

空想した飲み屋に出てくる酒の肴を作りました。

 

架空の飲み屋さんには店名が付いていたり付いていなかったりします。

頭の中で店主はこんな人で内装は何色で、こんなふうであんなふうなのだ、と妄想しながら料理をしました。

私がいつも自宅でやる「居酒屋なっちゃん」も登場します。

なっちゃんの定番メニュー「もやしそば」我ながら飽きのこない素晴らしいメニューですが

マルちゃん焼きそばともやしを炒めるだけという超簡単料理です。

他にもレシピにするほどではない超簡単系もたくさん出てきますので怒らないでくださいね!

 

スタンドマルチーズのコーズターやスナックようこのマッチなど手書きでしみじみ書いたりして楽しい撮影でした。

 

カメラマンは加藤新作さん。
デザインは
BARBER 藤田康平さん。
編集は
グラフィック社の小池洋子さんです。
 

10月10日からの発売です。

ただいまAmazonにて予約受付中です。

書店で見つけられましたら是非。

書店以外の取り扱い店もお近くでしたら是非、手にとって見ていただければと思います。

お取り扱い店への発送が整いましたらまたお知らせいたします。

 

沖縄市 Roguii

福岡県 山下カバン

高知市 テーブルギャラリー

高松市 NISHI NISHI

広島市 MANOS GARDEN

京都市 小さい部屋 

多治見市 ギャルリ百草

札幌市 sabita

 

            
森には花が咲いている

2017年9月20日より伊勢丹新宿店本館5階インテリアにて、CHECK&STRIPEの商品の取り扱いが始まります。

これを記念して9月20日より10月3日までポップアップイベントを開催、

イベントでは、伊勢丹限定のCHECK&STRIPEオリジナル商品をはじめ、伊勢丹先行、限定で販売いたします。 
 

CHECK&STRIPE×TORANEKOBONBONによる「トラネコ手芸店」の新作刺繍布「森には花が咲いている」(¥5500+tax/m)の先行販売も始まります。これまでの刺繍生地からより贅沢に糸を使って刺繍していただきました。

色は

・チャコールグレーにチャコール
・スタンダードネイビーにダークグレー
・ストーンにアマンドベージュ

3色、どの色も素敵な仕上がりです。

 

今春の刺繍布「爪研ぎ、たんぽぽ、バラの花/海のブロード(コットン100%)」をCHECK&STRIPE定番リネン「天使のリネン」に施した生地も先行販売が始まります。

その他イベント限定販売やプレゼント企画などありますので是非ご来場ください。

 

イベント詳細などはCHECK&STRIPEのホームページTOP より「event」をご確認ください。

 

| 1/10PAGES | >>