原画展のお知らせ

今年も年末も最後の最後に東京吉祥寺のギャラリー フェブさんにて原画展を開きます。

12月7日に誠文堂新光社から出版する「トラネコボンボンの365日・世界一周猫の旅」のために描いた原画が全て並びます。

今日DMが刷り上がって届きました。

地球儀みたいなまん丸なDMです。

 

原画は全てご購入のお客様に持ち帰っていただくので全部が見られるのは初日だけになりますが

毎日17時頃迄は在廊予定ですので、遊びにいらしてください。

師走も本当に大晦日前の最後の忙しい時期ですが、

皆様の息抜きに遊びきいらしていただければ嬉しいです。

※お電話やメールでの原画の販売は会期終了後の対応になります。

 

gallery fève

2018.12.22(土)---12.29(土)12時から19時

水曜定休/最終日のみ17時半迄

※12/26定休日ですのでお気をつけください。

そして今朝、本も届きました!

世界一周と猫の旅の文字の間の猫マーク、猫マークだけが箔押しになっていて笑ってます。

目立たない贅沢〜〜!

            
世界1周 猫の旅

この夏ずっと製作していた新刊

「トラネコボンボンの365日・世界一周猫の旅」がもうすぐ誠文堂新光社から出版されます。

毎日、猫が、もしくは猫と、どこかの国に旅する、あるいは旅先で出会う猫の話で綴る365日。

メキシコのプロレス・ルチャリブレやロシアのマトリョーシカ、南極のシロクマや、アメリカのハンバーガーショップ、アフリカの土の家、泥の街、南米のジャングル、深海の海の底、氷の国、常夏の島、砂漠、海岸、街、谷、野原。行ったことのない国も大好きな場所も描きました。

 

本書の猫は本当の話だったり、空想の話だったり聞いた話だったりといろいろなのですが、世界のいろんな場所や土地の名前、歴史や風習などの毎日の絵に由来する説明や補足はおおいしれいこさんが丹念に調べ上げ、短い文章でまとめて下さってます。

最初は旅する猫!楽しそう!と始めました本書でしたが、それはとても大変な作業でした。私は世界のことを何にも知らなかったし、辺境の地や、紛争の続いた地域は文献や情報が少なく一つを調べるのに何時間もかかることもありました。

おおいしさんの粘り強さと、私の絵やそれぞれの国に対する愛情深い表現に、ゲラで始めて全編を通して読んだ時は、ありがたくて泣けてしまいました。

大変でしたけど本当に楽しい製作でした。

 

デザイナーはsuyama designの須山悠里さん。

日々端正なデザインをされている須山さんに毎日このアホ度の高い猫の絵を365日分デザインしていただけるのは大変恐縮しながらも、とても嬉しいことでした。

 

どこを開いても、後ろから読ん下さってもいい本になってます。

猫が好きでも好きじゃなくても、いろんな皆様に読んで楽しんでいただければとても嬉しいです。

amazonさんRakutenブックスさん始め書店での予約も始まりました。

 

トラネコボンボンの365日

「世界一周・猫の旅」

誠文堂新光社

384ページ ¥2400+税

            
「猫ごよみ365日」台湾出版

昨年末に誠文堂新光社さんから出版しました「猫ごよみ365日」が11月6日に台湾でも出版されることになりました。

くだらなくも愛らしい猫で綴る365日はどの国の人が読んでも楽しめると思うのでとっても嬉しいです。

 

こんなに早く出版が実現したのは昨年11月台北での個展会場beher食物研究図書館のbeherさんの紹介で、

出版社「漫遊者」の編集長Koko Laiさんと台湾出版についてのお話ができたおかげです。

Laiさんと打ち合わせした時にはまだ最終校正中の段階で、原稿をパソコンでしかお見せできない状況でした。

にもかかわらずLaiさんと誠文堂新光社の皆様が出版に向けてご尽力くださって、こんなに早く実現しました。

ほんとに、本当に感謝の言葉もありませんが、心より御礼申し上げます。

 

今年の台湾展のお知らせがすっかり遅くなりました。

出版に向けていろいろな調整が重なって、お知らせがなかなかできなくてすみません。

 

出版記念のイベントのお知らせです。

11/10 beher食品研究図書館にて出版記念料理会

      日時11/10 

      内容/出版記念料理会・要予約

      場所/beher食物研究図書館→HP facebook→F

      住所/台北市松山区富錦街354號1F

 

11/16 絵本喫茶「生活在他方」さんにて出版記念講座 

      日時/11/16(金) 19:30〜21:00

      内容/書籍・グッズ・原画の展示と販売・公開講座・サイン会

      場所/生活在他方 elsewhere café絵本喫茶店→F

      住所/台北市羅斯福路一段119巷3號1F

 

 

11/23 誠品書店・敦南支店さんにて公開講座

      日時/11/23(金) 20:00〜21:30

      内容/書籍の販売と原画の展示(原画は展示のみになります)

      場所/誠品書店敦南支店2Fの藝術桌エリア

      住所/台北市大安區敦化南路一段245號2F

 

を予定しています。もしも台北までちょとご旅行されるようであれば是非お立ち寄りください。

            
ADIEU TRISTESSE 秋冬コレクション

ADIEU TRISTESSE秋冬コレクションにネコの絵を描かせていただきました。

テーマは冬のご旅行、ロシアに行ったり北極に行ったり、旅するネコがブローチ、ワンピースや靴下になります。

 

出来上がってきたブローチみて泣いてる、というか笑ってます。

顔の毛の糸運び、このフードの毛のふわふわ感、コートの平織り感、手袋の手編み感、裾のモケモケ感、靴底のしっかり感!

感涙を通り越して爆笑しています。

職人さんの、そしてデザイナーさんの、どうかしてる真剣な仕事に、心からの尊敬と感謝を。

 

ワンピースの柄はなんとネコマトリョーシカと、モスクワにいうなら一度は訪ねたい聖ワシリイ大聖堂の柄・・・・ていうね。

自分で描いておきながら、これ大丈夫かな、っている柄だとは思うのですが北極のシロクマやセイウチが靴下になったりしています。いちいち笑えるので、是非皆様も実物をお店でご覧になってください。

 

店頭での販売は11月初旬頃から。

詳しくはお近くのADIEU TRISTESSショップにお問い合わせください。

 

ビギオンラインストアでは一部の商品の先行予約販売が始まりました。

BIGI ONLINE STORE→ADIEU TRISTESSE

靴下はメンズサイズもありますよ〜!

 

            
ご予約始まりました。

三笠書房さんと制作した「トラネコボンボン3WAY猫バッグBOOK」

amazonさん楽天ブックスさんをはじめネット予約が始まりました。

A面は猫がゾロゾロ、B面は読書キャット。

手持ち、肩掛け、斜めがけの3WAYバッグ、

先月から見本を使ってみていますが、重い荷物にも洗濯にも問題無い、しっかりタフな作りになっています。

小冊子付き¥1600+税

小冊子には楽しく猫による33通りの使い方のイラストを描きました。

バッグを作るきっかけになったのは

三笠書房さんの出版「猫がいればそれだけで」のイラストを担当したことが始まりでした。

こちらにも猫の絵をたくさん描かせていただきました。

書店でぜひ!

            
新連載始まりました!

月刊MOEさんで季節連載始まりました!春夏秋冬、年4回。

茶色いトラネコが旅の途中で見つけた料理を紹介します。

第一回目は秋、トラネコが山でばったり赤毛の熊に遭遇するお話です。

フルーツケーキやサーモンパイのレシピも紹介しています。

全8ページのBOOK in BOOKは切り取って保存できるようになっています。

 

発売は10月3日、この号はムーミン特集、ムーミンシールやムーミン手帳も付いておりますよ〜〜!

書店でぜひ!

            
世界一周猫の旅

この夏は新しい本のための絵をずっと描いていました。

「世界一周、猫の旅」

猫と一緒に365日の毎日どこかの国を訪ねる本です。

昨年出版した「猫ごよみ365日」に続いて誠文堂新光社さんからの出版です。

編集はおおいしれいこさん。

私が選んで描く毎日の国の情報を調べ上げてキャプションを制作してくださっています。

昨日初校ゲラをチェックしながら、おおいしさんのキャプションを通しで読んでいると

愛溢れる文章に泣けてきました。あとくだらない猫の絵に笑えてます。

 

とても楽しく制作したので多くの人に読んでいただきたいです。

出版は12月。

出版記念の企画展は東京、吉祥寺のギャラリーフェブさんで予定しています。

詳細が決まりましたらまたお知らせいたします。

お楽しみに!

            
CHECK&STRIPE×TORANEKOBONBON

7月13日から始まる、CHECK&STRIPE×TORANEKOBONBON「トラネコ手芸店」の今年の新作店頭販売に合わせてCHECK&STRIPE fabric&things(芦屋店)にお伺いいたします。

 

初日13(金)14(土)の二日間はトラネコボンボン開店。

アフリカンシチューやブルグルサラダなど、夏野菜で作るサマーランチをご用意しています。

ご予約は16日(土)から満席になり次第受付終了いたします。

 

トラネコ手芸店の新作シリーズの布を始め、コーヒー缶やアップリケ、ハンカチのほか

7/13(金)〜7/22(土)の期間中は原画約30点、書籍、定番のアルミ弁当箱やポストカード、倉敷意匠さんと製作した新しいクラフトテープや蚊帳布巾なども並びますのでぜひ遊びにいらしてください。

 

イベントに関する詳細、サマーランチのご予約はCHECK&STRIPEホームページ→shop informationをご確認ください。

            
猫がいればそれだけで

「猫がいればそれだけで」

三笠書房さんから今月発売される猫の本のために猫のイラストを描きました。

 

本書は、猫の分析、猫との暮らし、猫の不思議、猫の逸話、童話にでてくる猫など9つのテーマに添って

猫に関するいろんな話が詰め込まれています。

 

歯磨きキャット、噛みつきキャット、入院キャット、鼻水キャット、

ストーブキャット、、ストレスキャット、先生キャット、看護婦キャット

花瓶を割ってしょんぼりキャット、トランポリンでびょんびょんキャット

いろいろあれこれ200キャット。

ブサイクな猫も、下手な絵も、猫を愛するの編集者の安藤かおりさんを始め三笠書房「猫のこと研究倶楽部(全員がこれまで3匹以上10〜30年の飼育経験を持つそうです。)」の皆様に、問題ない、かわいいかわいいと、褒め励まされて楽しく描きました。

 

私が特に気に入っているのは129ページの頭がっぷり噛みつきキャット。

それと230ページの「家事から家主を救った話」に描いたバケツリレーキャット。

床、水でビショビショです。

 

6月22日発売です。

amazonでのご予約も始まりました。

書店で見かけましたら是非!手にとってご覧ください。

 

「猫がいればそれだけで」

   -まるごと1冊猫のこと-

今泉忠明(監修)猫のこと研究倶楽部(編集)

文庫:304頁 三笠書房

¥766

            
記憶のモンプチ展

倉敷意匠アチブランチにて開催されました

「記憶のモンプチ原画展」おかげさまで無事終了いたしました。

ご来場の皆様、関係者スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

記憶のモンプチはこれからも毎日1ページ、ずっと続いていきます。

またいつかどこかでお会いできると嬉しいです。

| 1/12PAGES | >>